ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

サブストーリー

第6回アストルティア・クイーン総選挙

いよいよ始まりました。第6回アストルティア・クイーン総選挙。 今回は投票で勝利した五名に運営推薦枠が三名も加わるという、かなり運営の介入が強い大会となりました。 推薦枠で加わったのは、5012年前の世界の人々である、メレアーデさんとリンカさんとシ…

クエスト「見習い自由人の覚悟」

自由人の集落にいるホムディさんが、クエスト「見習い自由人の覚悟」を依頼してきました。 自由人になるための三つの課題のうち二つまでは自力で終えたものの、残響の海蝕洞で緑青色の鉱石を採掘する課題だけは、こんぶ大将が怖いので一人ではできなかったの…

クエスト「獅子身中の虫」

自由人の集落のバクーモフ老人から、ワグミカさんが王国軍と内通している可能性が高いから、証拠を集めてきてきれといわれました。クエスト「獅子身中の虫」で~す。 疑った理由は、ワグミカさんが辺境警備隊詰所の兵士と親しげだったというだけのようでした…

クエスト「奇妙奇天烈な武器」、かなり簡単に終わりました。

ラゴラという兵士から、不思議な武器を起動させるための燃料の調達を依頼されました。クエスト「奇妙奇天烈な武器」で~す。 「ラゴラ」といえば、釈迦の息子「ラーフラ」*1の漢訳「羅睺羅」の日本語読みですね~*2。でもそういうネタは一切ありませんでした…

「エテーネ王国軍人たる者」をクリアーし、セオドルト副団長の人間性に疑念を持ちました。

エテーネ王国軍のレセミナさんからクエスト「エテーネ王国軍人たる者」を受注しました。 セオドルト副団長が、ルクスという兵士に指針書に背くような命令を出したので、この件について調べてほしいとのことでした。 ルクスの指針書には、マジックハンドとい…

クエスト「旅に出ると決めた日」。ベルマの失脚だけで弾圧を逃れられた魔法生物もいれば、王宮消滅後も弾圧の対象である魔法生物もいるようです。この待遇の差の原因を考えました。

クエスト「旅に出ると決めた日」を受注しました。「コンギス」という、アルケミアをクビになったばかりの錬金術師から、自分の飼っていた紅竜のドラゴンキッズたちが逃げたので、せめて写真を撮影してきてほしいといわれました。 ちなみにメインストーリーで…

おきがえリポちゃん ~ローズフォームセット~

今回のおきがえリポちゃんが貸してくれたのは、サブストーリー「輝く私のプレシャスデイズ」でリーネさんが戦闘服として着ていたローズフォームセットでした。 かっこいいですね~! リーネさんとペアルックをしたかったので、これを着て「輝く私のプレシャ…

オンディアヌと魔法のペン

プリエラさんという人から「オンディアヌと魔法のペン」というクエストを依頼されました。 プリエラさんは、詩人のミハイルが窓から捨てる原稿を勝手に出版して一儲けしようと企んだのに、ミハイルが詩を書き捨てなくなったので計画が中断しているようでした…

「暮らしを支える錬金術師」はアストルティアでも地球でも抗議の声があがらないように計算しつくされた内容でした。

ブルーノーさんの雑貨屋に勤めるダボックさんから、クエスト「暮らしを支える錬金術師」を依頼されました。 ゼフ・メルクル・ガンダックが運営する三つの店に届けるはずだった三本の「アルケミ水」のビンを二本割ってしまい、そのうえヒザを痛めたので、運送…

「レディメイドな錬金釜」をクリアーしました。ナドラガンドや時渡りに関する設定情報も見逃せませんでしたね~。

錬金術師のネロリ―さんから、クエスト「レディメイドな錬金釜」を依頼されました。 ネロリーさんの語源はきっと「錬金」の「錬」の字の訓読みですね。 ネロリ―さんは、錬金釜の形状は現状のものが一番便利だと理論的に証明されているけれども、外見が全部同…

王都の小さな案内人

クエスト「王都の小さな案内人」を終えました。 オダマキさんから新しい便せんの材料として「トキワアカネ」が必要だといわれました。ももんじゃが落とすそうで~す。 「トキワアカネ」って多分「常盤茜」って書くんでしょうね~。「常盤」って「永遠」とい…

一難去ってまた一難。でも滅びの未来の回避には一歩近づいたのだそうで~す。

転送機がなおったのでクオードと王宮に来ました。クオードは寄り道するなとかいってきましたが、そういわれるとしたくなりますね~。 偽のドミネウス邸で会った、偽警備員のレマ・偽料理長のダレン・偽猫のミザリを発見。王宮勤めの家長に会いに来ていたよう…

いよいよ当初の目的である、王宮を目指す冒険が始まりました。 & 「英雄の武勲を探して」完結 & 4.0新出魚コンプリート

クオードが司令部に帰還したので、ようやくメレアーデさんに依頼されていた本来の仕事である、記憶の赤結晶を渡しに突入できま~す。 軍の司令部の地下にはベルマが収監されていました。ずっとムービーでしか登場せず、彼女との記念写真が撮れなくて困ってい…

なりゆきでシャンテさんの味方になり、ネジガラミの根とかラウラのみつとかを採取。

軍指定の宿に併設されていた劇場では、歌姫シャンテの復活公演が始まりました。 「シャンテ」の語源はフランス語の"chanter"(歌う)でしょうね~。そのまんまで~す。 ところがシャンテさんの歌は「はげしいおたけび」みたいな効果があり、客の大半は逃げ出…

寄り道の挙句、首都キィンベルに到達し、一応報告書を送達。

異形獣を倒すと、ラゴウ隊長はこの事件に関する報告書を書きました。これを運送すれば、外人の星月夜も首都キィンベルに入る名目ができるので、利害が一致しました。 寄り道するなとかいわれた気もしましたが、4.0追加の魚を釣れる釣り場を発見したので当然…

クエスト「脱・辺境ドリーム」紹介 & 「ネルゲル以前にも冥王がいた」仮説が二年の歳月を経て証明されました。ついでなので補強証拠も一つ発表。

辺境警備隊の本部2階の掲示板には、「諸君らは 王都キィンベルへの脅威を 未然に防ぐべく 選ばれた 精鋭である」と書かれていま~す。 しかしクエスト「脱・辺境ドリーム」の依頼者ヘキートさんは、「かつては 王都の兵士だったんだが 能なしの烙印を押され…

5012年前の世界での冒険を開始 & 辺境警備隊詰所でやってみた魔法の迷宮関連の実験

キュルルによって5012年前のドミネウス邸に戻ると、廃墟と化していました。どうやら調律に失敗して、前回来たときよりも少し未来にきてしまったようで~す。 あとキュルルがエテーネルキューブの調整に専念することになったため、キューブの使用のタイミング…

4.0開始からエテーネルキューブのチャージまで & 同時並行で「英雄の武勲を探して」を開始

色々先に発表したいことがあって延び延びになっていましたが、今日の記事からいよいよ4.0メインストーリーの紹介で~す。 まずはグランゼドーラの城下町のこの付近でホーローと会い、ナドラガンドでの戦いを語りました。 すると兄から譲られた銀色の箱のボタ…

月末までほとんどインしませんが、やるべきことはほぼ終えており、ブログも1月31日の分まで記事を書きためました。

今月は忙しいので今日から月末までほとんどインしませ~ん。 でも今やれることはほとんどやり終えていま~す。 以下、自分用のメモをかねた、現状報告で~す。 ※メインストーリーについて 年末年始に4.0の最後まで終えました。 ※サブストーリーについて 数日…

クエスト「バトエンファイター誕生!」をクリアーし、バットエンドとの戦いのストーリーも終わらせました。

4.0開始と同時に配信されたクエスト「バトエンファイター誕生!」に、ようやく手を出しました。 バトエン復興を目指す組織「レジェンズ」の会長「レジェス」さんの指示に従っていると、自然にクエストは終わり、バトエンファイターの一員になりました。 でも…

七不思議のレポートを四通ずつ集め、真コンプリートを達成しました。

七不思議のレポートを四通ずつ集め、真コンプリートを達成しました。 本当に極める人はもう一回ずつ写真を撮影してそれを「だいじなもの」としてとっておくそうですが、星月夜はさすがにそこまではできませ~ん。 以下、ドクチョルさんの研究成果を簡便に紹…

学園生活 3月(後篇)

星月夜は、どのメンバーを最後の戦いに連れていくかで迷いました。 やはり偽ウェスリーと遺恨のあるアイゼル先輩は絶対に外せませんね~。そして次に連れていきたいメンバーは、生前の真ウェスリーを知るクラウン先輩でした。しかしその次となると、残る四人…

学園生活 3月(前篇)

いよいよ学園のメインストーリーも最終回で~す。 対策室の机の上にフェルディナクの書の下巻が置かれていたので、今後の偽ウェスリーへの対応方もある程度判明しました。 でも、下巻の理解のためには上巻も必要とのことで、学園長室にある上巻を取りにいく…

『竹取物語』再読で気づいたことのメモ(ゲームとはほぼ関係なし)

ここ数日、『竹取物語』を資料にした記事を四本書きました。昔から知っていた物語のはずですが、目を皿にようにして本文や関連文献を読みなおすと、また新たな発見がありました。 せっかくなので、本日はゲームとはほぼ無関係に、『竹取物語』に関して新たに…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その4

さあいよいよ最終回で~す。 4.「月を手に入れた男」における『竹取物語』の影響の検証 4-1.優柔不断なかぐや姫と強情なカグヤ・ムーン 『竹取物語』のかぐや姫は、月への帰還を仕方のないことだと思いつつも、天の羽衣を着るまでは地上に多少の未練も…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その3

3.「カンダタ月へ行く」における『竹取物語』の影響の検証 3-1.今回のペリポンは漢部内麻呂 かぐや姫の要求は決して達成不可能だという通俗的なイメージがありますが、実は五人の貴公子の内の一人はほぼ課題を達成しており、ありえないほどの偶然のせ…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その2

昨日の記事と同じ要領で話を進めていきま~す。 2.「入団! カンダタ団」における『竹取物語』の影響の検証 2-1.墜落する石上麻呂足の踏襲 キラキラ大風車塔のプロペラで月に行けなかったカンダタですが、今度はビッグホルンを改造させて月に行こうと…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その1

夕月夜「前回と前々回の記事、とっても面白かったで~す。「カンダタ」という名前以外ほとんど影響がないと思っていた原典の影響があれほどあるとは~!」 星月夜「おほほ、自分でも自分の最高傑作だと思っているのよ~」 夕月夜「ところで「大盗賊の伝説」…

サブストーリー「大盗賊の伝説」の解釈その2 「"the illusion of self"としてのリルグレイド」説 これでリルグレイドの設定・カンダタの特技・漆黒のノートの意義を全部まとめて説明できちゃいました。

昨日の記事の続編で~す。 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に頼った第一の解釈では、全体的にそれなりに筋が通ったものの、最後の最後に説明のつきにくい部分が出てきてしまいました。 そこで次に、『蜘蛛の糸』のさらに原作である、Paul Carusの"The Spider-web"…

サブストーリー「大盗賊の伝説」の解釈その1 「ほぼ救済されたカンダタ」説

最近の星月夜は、サブストーリー「大盗賊の伝説」*1*2について、二種類の解釈を考えました。 本日は第一の解釈である、「ほぼ救済されたカンダタ」説を発表しま~す。 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』では、蜘蛛の糸を使って地獄から極楽に脱出しようとした犍陀多…