読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

サブストーリー

Xの日のついでに、風船や気球について考えました。

今月のXの日は、風船を使った集会があったようですね。星月夜はそれにはあんまり興味がなかったのですが、もらった風船は記念写真撮影のため独自に利用しました。 アストルティアの風船は浮いているので、空気より軽い気体がつまっているのでしょう。 風車の…

ロッサム博士の経歴について

『アストルティア創世記』の20~23ページは「アストルティアの神話」という章なのですが、この章については「この手記はグランゼドーラ王国の歴史学者にして神学者、ロッサム博士による著作「アストルティアの神話」の内容を一部抜粋、要約したものである」…

名前の語源・太陽の王国史・先行研究である会議室本棚の書籍の三点から、ラウルの正体を考えてみました。(追記あり)

いつも拝読しているotomonekoさんの日記で、アラハギーロ王国の会議室にある本棚の『砂漠の狼王』という書籍の内容から、「ラウル=砂漠の狼王」仮説が提唱されていました。 『砂漠の狼王』によると、狼王は密林の遺跡にこだわっていたそうで~す。また生涯…

妖精図書館の第二話「永遠の約束」をクリアーしてきました。

リィンさんとラウルさんの物語の第二話に挑戦してきました。 時間的には、第一話からしばらく経過した満月の夜みたいで~す。 とはいえ、アストルティアは一日の内に何度も夜が来る上、月が満ちる頻度も地球よりずっと高いので、ほんの数時間後という可能性…

カプサイ神と『小さな英雄ザンクローネの物語』の関係

甘党と辛党の間には和平が成立したそうですが*1、戦争時代には辛党の神であるカプサイ神は様々な手段を用いて甘党と戦っていました。 そして彼が用いた二つの奇策は、『小さな英雄ザンクローネの物語』の中のエピソードと類似性が見受けられます。 2013年の…

大魔獣イーギュアの暴走の原因を、貿易の観点から推測してみました。おそらく黒幕は……

イーサの村でヒヤーネさんから、「氷の上のぬくもり」というクエストを受注しました。リルチェラさんを養子として迎えるにあたって「ぬくぬくどり」の羽毛布団を贈りたいのに、最近急に白霜の流氷野に出現した大魔獣イーギュアのせいで、それができないでい…

偽りのセレドット山道のおさかなリストの誤り(追記あり)

2014年8月11日時点でのデータを元に書かれた古い攻略本である、通称「グラコス本」の264ページの情報では、セレドット山道では「ゴクラクギョ・白」と「ゴクラクギョ・黒」と「ニシキゴイ」だけが釣れることになっております。 しかし現在、ゲーム中で真のセ…

ヒストリカ博士はグランゼドーラ王家の分家出身説

昨日の記事で、「ヒストリカ博士とそのズッ友の連携は、勇者姫とその盟友による対大魔王軍幹部戦を戯画化したようなもの」と書きました。単に体を鍛えたり高い装備を買うだけでは勝てないような強敵の特殊能力を、勇者姫は勇者特有の力で無力化してくれまし…

Я — чайка... Не то. Я — археолог.

ヒストリカ博士とともに活動する、サブストーリー「流星の追憶」に挑戦してきました。 一応博士号をもっている人を手伝うのですから、職業は賢者縛りにしました。 ただし、ヒストリカ博士には旅芸人になりたいという願望もあるらしいので、旅芸人縛りも面白…

「炎のクール便」を新旧ともにクリアー

氷の領界との往来が可能になったと聞いたアペカの村の村長さんは、氷を見たいとか依頼してきました。これが「炎のクール便」クエストの始まりで~す。 同じエルフ族のミカゲさんも、過酷な新天地で郵便業界を興隆させるためにがんばっているのですから、星月…

クエスト「ハードな便せん届けます」の設定により、エステラさんの評価を高めました。

ダーマ教団や宿屋協会と比べてかなり遅れをとりましたが、エルフの便せん屋も、ようやくナドラガンドに進出しました。 ミカゲさんで~す。 例によって、この郵便局でしか買えない特別な便せんを作るクエストもありました。アッシュリザードを10匹倒してくる…

ピュージュの上司がナドラガ神であるという疑惑、やや高まりました。ついでに異説も紹介。

ナドラガンドに行ってからすぐに書いた記事で、ピュージュの上司がナドラガ神である可能性を軽く示唆しました。 この時点での根拠は、「1.ピュージュの雰囲気がピロロと似ており、ピロロの真の上司の設定がナドラガ神と似ているということ」と「2.ピュー…

妖精図書館に行ってきました。

メギストリスの井戸の中にある妖精図書館を訪問し、ずっとやらないでいたクエスト「夜の神殿に眠れ/運命の出会い」に挑戦してきました。 誰かの記憶の中に入ってくるというクエストです。このクエストの間は、過去の世界に存在した別人を操作することになり…

「まもの博士の研究レポート」クリアー & オリクさんがあえてメガンテを回避した理由の推理

ウソチュ御姉様が「まもの博士の研究レポート」に誘って下さったので、星月夜は現在唯一レベルと転生回数がカンストしているヒポクラテス君*1を連れて、オルファの丘にいきました~。 今回の依頼者はこの「イワノフ博士」。なんか眼鏡と口の形と色が、ペリポ…

3.0にはプクランド大陸の物語もありました。

主要登場人物の発言の誘導に従っていくと、3.0の物語は「グランドタイタス号→ヴェリナード編→ドルワーム編→ツスクル編→ランガーオ編→終局」という流れになり、プクランド大陸は物語に関わってきません。 でも、ぶらりとメギストリス城に寄り道をすると、ここ…

3.0ツスクル編 案外面倒だった僧侶縛り

発信機の情報を頼りに、星月夜の故郷であるエルトナ大陸に戻ってきました。今回の物語はツスクルを中心に展開されま~す。 僧侶の職業クエストでお世話になったエルドナ神が深く物語に関わってくるということを事前に知っていたので、職業は僧侶縛りにしまし…

テグラム改革の分析

本日は、数日前に攻略した「よみがえる王国」*1の物語における、テグラムの改革を分析いたしま~す。 まず話の流れを再確認しま~す。 魔勇者をたたえる存在という設定で、大魔王によって作られた偽グランゼドーラ王国の民は、魔勇者が死んだ途端に自分たち…

「よみがえる王国」シリーズを終わらせ、真の意味でバージョン2.4クリアーで~す。

八月からようやくバージョン3.0のメインストーリーに挑戦する予定なのですが、その前にセカンドディスク時代の配信クエストは全部終わらせておこうと考え、「よみがえる王国」シリーズに挑戦しました~。 舞台は、崇拝対象であった魔勇者を失って国民の大半…

『アストルティア★ハッピーくじ』 を、結局10枚買ってしまいました~。

『アストルティア★ハッピーくじ』は、1枚が1000ゴールドで売られており、期待値が505ゴールドで~す。 1枚だけ買っても、最大である10枚を買っても、もらえるしぐさ書の価値は同じなので、期待値を重視するなら買う枚数は0か1になるはずで~す。 星月夜も1枚…

踊り子のクエストを一気に終わらせました。

星月夜は職業クエストを一気に終わらせるのが好きで~す。物語の続きが気になって悶々とすることもなくなるし、ルーラストーンの登録とかも一括した方が便利だからで~す。 最近は踊り子のクエストを一気に終わらせました。 まず第一話、グレン領西のグール…

「大盗賊の伝説」シリーズに、職業「盗賊」縛りで挑戦。(後篇)

「大盗賊の伝説」第三話始動。出力の上がったビッグホルンでいよいよ月世界進出で~す。 月の上に立って星々を眺めることができるなんて、「星月夜」の名を持つ私には最高の環境で~す。ここは第二の故郷みたいなものですね~。 月の敵キャラクターは、出会…

「大盗賊の伝説」シリーズに、職業「盗賊」縛りで挑戦。(前篇)

バージョン更新前に、大急ぎでサブストーリーを消化中の星月夜で~す。本日は「大盗賊の伝説」シリーズの体験記を書こうと思いま~す。 星月夜はソロプレイにしてボスの強さを「強い」にするという縛りを普段からやっているのですが、今回は「大盗賊」にちな…

プクリポのNPCたちの名前に関連して考えたことを色々と。プーポッパン王の先祖への高慢な態度とか、ダンダダ団のメンバーとか。

プクリポの普通のNPCたちの名前には、かなりの確率でp音が入っていま~す。「ヒッピャペ」さんとか「ホラッペン」さんとか「ピレルー」さんとか。 これが重要人物になると、p音が入る確率は一気に減ります。「ラグアス王子」とか「アルウェ王妃」とか「ナブ…

最強国家ヴェリナード

数日前にやった魔法戦士のクエスト*1では、ヴェリナードの魔法戦士団は世界中の国の依頼に応えていました。しかもカミハルムイ国とメギストリス国からの依頼の任務は、首都近辺の洞窟に住み着いた敵の掃討作戦でした。世界中に軍を派遣できるヴェリナードと…

通常の三倍――赤い彗星とメギストリス

星月夜は今週もウソチュお姉様と一緒にピラミッドに行きました~。*1 僧侶で行き、無事に攻略できたのですが、終わってからベルトを締めていないことに気づきました。きゃー! 回復魔力+20のベルトを入手したので、それまで使っていた+16ベルトを輝石に変え…

レーンの村の名称の謎

こんにちは~、星月夜で~す。本日はレーンの村の名称の謎について考えてみたいと思いま~す。 各種族でゲームを開始した時に主人公が住んでいる所は、一般に「初期村」と総称されています。 それら各初期村の名称は、原則として周辺地域の名称と深いつなが…

ジェニャの出身集落考――ランガーオ村の実地調査を踏まえて

主人公をオーガにして始めると、ランガーオ村にはジェニャというお金を稼ぐのが大好きな子がいて、序盤のストーリーにかかわってきます。 他の種族で始めた場合でも、星月夜が最近クリアしたサブストーリー「真のパラディンとは」*1の重要人物としてジェニャ…

真正なる聖騎士は奇怪な舞踊に耽った。

パラディンのレベルが50になったので、3月3日の記事で予告していた「これからの冒険」がようやく始まりました。サブストーリーの「真のパラディンとは」シリーズを一気に終わらせたので~す。クエストナンバーでいうと、100~104で~す。 地味な任務にも全力…